読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しい

好きを徒然綴っています

舞台「Defiled」感想 ー愛情と狂気の狭間ー

 

 

戸塚祥太さん、勝村政信さんの2人芝居「Defiled」を観劇してきました。
以下、5月11日マチネソワレを観劇した感想です。感情のままざっくりと書いたのでネタバレ有り、いろいろ抜け有りとごちゃごちゃしています。

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと興味があったつか作品、錦織さん演出以外での戸塚さんの舞台は想像以上に後味の悪い話でした。

純粋ゆえの愛情。ゆえの狂気。いや、狂気なんだけど、あきらかに狂ってるように見えるんだけどたぶんハリーは狂ってない。本当にただただ純粋に本を愛し図書館を愛しカード目録が人生に必要なピースになっていたんだと思う。
とにかくハリーは見てる側からすれば突飛で納得理解出来ないことが彼にとっては絶対的な正義で自分の命より大事なものだった。交渉に入った刑事にも観客である私たちもわからないこと。なんでそんなにカード目録にこだわるの?と思ってしまうのだけど答えはきっと簡単で「それが僕の使命だから」
だけど刑事さん側からしたらこの終わり方は辛いよなと思ってました………なんとか良い案が思いついてハリーも納得してくれたと思ったら自分へプレゼントといって渡してくれた本のせいでハリーは自分の正義に反することだと気付いてしまうし、ハリーもハリーで爆発を起こせず自分の使命を果たせなかったと絶望しながら死んでいく。この後の刑事さんのことを考えるとやるせなさが凄いです。コミカルなシーンも多々あってラスト2人で玄関へ向かって行った時はすごくホッとしていたので、その後ハリーが戻ってきた所で思考が追いつかなくなってました。最初は「どちらが相手を手玉に取ってるんだろう?」とか考えてたはずなのにそこら辺の思考が一気に飛んで行きました。しかも新刊図書のことを忘れてたからって………それは後から考えればいいだろうと思ってしまうんだけど、ハリーにとってはそれではいけないんだよなぁ。
あとこれは他のお客さんが議論してる声も聞こえていたのですが最後の発砲はハリー自身によるものなのか第三者によるものだったのか気になりました。個人的には第三者による発砲かなと思うんですけど、可能なら近くの席で確認したかった。


マチネとソワレで印象というか芝居の雰囲気が違うシーンがかなり多いように感じた。
マチネのハリーは本当に純粋に本を愛していて、図書館の素晴らしさもカード目録の必要性も刑事さんに伝えようとしている感じがあった。たぶんハリーは20代後半の青年なんだけど、10代の少年のような純粋な心を持ってる。そんなハリーを刑事は必死に理解しよう分かりあおうとしていたし、カード目録を刑事の家のガレージに置いておくという案が出たときは刑事も嬉しそうに感じた。クスッと笑えるシーンが多かった。
ソワレのハリーはなんだか愛情というよりも執着のようなものを凄く感じた。マチネではあんなに目をキラキラさせて話していたシーンでもソワレは1人感情が高ぶっていてキラキラというよりは興奮して瞳孔が開ききってる。自分が革命家になることを望んでいる。図書館のことよりもそのことの方が全面に出てきているように見えて、刑事はハリーに対してイラつきを隠せていないように感じた。マチネ以上に怒鳴り合ったり怒りの感情を露わにするシーンが多くてまさに演技バトル。ものすごい熱量だった。


戸塚さんはやはり体軸がしっかりしていて身体能力の高さを感じました。ひとつひとつの動作が綺麗。椅子から棚へ飛び移ったりテーブルへ飛び乗ったりってのをさらっとやってのけるので美しかった。飛び降りるのも飛び乗るのも足音がほとんど立ってなかったんですけど普通は足音しますよね…?
「寝取られ宗介」なんかもそうですけど戸塚さんは純粋ゆえ愛ゆえに狂気を孕んだ役が似合いますね。美しい薔薇には棘があるじゃないですけど、触れたいけど触れたらすぐどこかえ消えてしまうし自分は怪我をするみたいな危うさがずっと漂っていて、だからこそラストは言葉にならなかったです。
勝村さんは舞台で拝見したのは初めてだったんですがとてもチャーミングな刑事さんでした。最初のハウッちゃうくだりとズボンのくだりが特に好きです(笑)命を大切にする思いが客席にはこんなに伝わってくるのに、それが1番近くにいるハリーには一切届いてないのが悲しくて仕方なかった。怒鳴った時の迫力がすごくて、音が跳ね返ってくるんじゃないかってくらい声が響いていて凄かったです。ぜひ1度コメディー作品の勝村さんを見て話の展開とか何も気にせずケラケラ笑ってみたい。


マチネ観劇後に初見の衝撃を消化しきれぬまま勢いでパンフレットを買ってカフェで開いた。パンフレットにきちんとブックカバーがかけられていることに気づいて、なんだかそのブックカバーにハリーの本へ対する愛情や執着みたいなものを見てしまったような気がして心の中で思いっきり「うわぁ……」と声に出してました。
まだまだ続く公演、無事に大千穐楽まで駆け抜けてほしいです。

 

 

 

「ハムレット」「羽生蓮太郎」の気になること個人メモ

 

 

劇団Patch 第10回公演「羽生蓮太郎」初日おめでとうございました!!

 

 

 

本日2日目ですね!無事に初日の公演は終わったようで、そしてチラチラとツイッターの感想をみては自分が観劇するのがそわそわと待ち遠しくなる一方です。
「羽生蓮太郎」はハムレットが原案の作品ということで、観劇前に原案のハムレットを読みました。ちなみに読んだのはちくま文庫版、松岡和子さん訳のものです。

 

 

シェイクスピア全集 (1) ハムレット (ちくま文庫)

シェイクスピア全集 (1) ハムレット (ちくま文庫)

 

 

 

 

そしてここからはハムレットを読んで気になった点、羽生蓮太郎を観るにあたって気になっている点の個人的メモです。完全な自己満です。
みたことあるものは「オセロ」「ロミオとジュリエット」戯曲は「ハムレット」が初めてというめちゃくちゃシェイクスピア初心者なので、シェイクスピアではおきまりのことを書いていたり一度しか読んでいないため矛盾する点があるかとは思いますが、とりあえず書いておいて実際にハブレンを観た後で思い返すのに役立ったらいいなー…という個人のメモです。

なのでもし読まれる方がいたとしたら何も考えずぬるっと読んでいただけたら幸いです。
そしてお分かりかとも思いますがハムレットのネタバレ、ハブレンの内容を勝手に想像しているので閲覧は自己責任でお願いします…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハムレットで気になる点】

 

・先王の亡霊は存在するのか
→見える人と見えない人がいる。そのわけは?
全身を甲冑で覆われた姿では顔の確認ができないため、先王の甲冑を着た別人の可能性もある。
また、甲冑姿と寝間着姿で登場するが服装が変わった理由。甲冑→偽の先王、寝間着→本物の先王 のような可能性もあるのかなと勝手に思っている。

 

・ガトールードが再婚した理由
→時代的に夫の兄弟と妻が再婚することはよくあることだったのか?歴史に詳しくないためまったくわからず。作中で妃とクローディアスがラブラブしてたわけでも、妃が先王の死をめちゃくちゃ悲しむわけでもなく。クローディアスは妃と結婚することにより王の地位を得られるし仮に妃のことが好きだったとしたらこの再婚はメリットがあるけど、妃が再婚に踏み切った理由がよく分からない。そのままハムレットが王位を継承してもよかったはず。本当にクローディアスのことを好きになってたのか?そもそも拒否する権利など当時の女性にはなかったのか。ガトールードの考えてることが分からない。

 

・先王の名前が一度も出てこない理由
→登場人物一覧の時点で先王は名前が出ていない。当たり前だが妃も叔父もハムレットも誰も先王の名前を呼ばない。呼ぶシーンがなかったから名前がないのか、それとも意図的に名前がないのか。

 

・フォーティンブラスだけ無傷な件
→位の高い身分の人々がたくさん亡くなる作中において、自分が怪我することも親族が巻き添えになることもなく、むしろの王位を継承することになったフォーティンブラス。この作品で誰が1番得をしたのかといったらフォーティンブラスの気がするのですが………考えすぎ?

 

・クローディアスは悪人なのか?
→いやハムレットを意図的に殺そうとしてるし、間違えて毒入りのお酒を飲み倒れた妃のことを誤魔化した時点で悪人なんだろうなとは思うんですが……先王を殺した犯人なのかと言われるとなんとなく疑問が残る。劇団の芝居をみて怒るけど、よく考えたら先王を殺してなくても自分のことを侮辱するかのような芝居をされたら怒るよなぁとも思ったり。すごく単純に先王を殺した理由が知りたい。

 

・先王は善人だったのか?
→そもそも生前の先王の情報が少ないので人となりが全く分からない。主人公の殺された父親=かわいそう みたいな方程式が頭の中で勝手にできているだけで、実は善人なんかじゃなかった可能性もあるのではないか、と考えすぎだとは思いつつ考えている。

 

ハムレットは狂っていたのか
最初は狂っているフリをしていたのが本当に狂ってしまったのか。最初から最後まで狂ったフリをしていたのか。それとも最初から最後まで狂っていたのか。
レアティーズとハムレットの剣が入れ替わったことに関しては作中では「揉み合ったあと、剣が入れ替わる」と書いてあるので、剣先に毒が塗られてることをハムレットが知っていて意図的に剣を入れ替れた可能性もありえるよな…と思ったり。

 

 

 

【羽生蓮太郎で気になる点】

 

 

・なぜホルモン屋?
→舞台が昭和の関西にあるホルモン屋なわけですが、とりあえずホルモン屋であることに意味はあるのでしょうか…?関西といえば!な飲食店を舞台にするとしたらたこ焼き屋でもお好み焼き屋でもよいのではないかなーと思うので、ホルモン屋であることが作品の中でどう影響してくるのかが気になります。
個人的にホルモン屋って行ったことがなくて馴染みのないお店なので、イメージができなくて勝手に未知数なところがある。

 

・羽生秀太郎の名前は出てくるのか

→「ハムレット」では名前が出てこなかった先王のポジションである羽生秀太郎。「羽生蓮太郎」では名前を呼ばれるのか「ハムレット」と同じく作中で名前を呼ばれないのか。

 

・歩野親春はどういう役?
→作・演出の末満さんのツイートによるとオフィーリアポジションである歩野親春は羽生蓮太郎と恋愛関係になるわけではないようなので、どういう風に羽生蓮太郎や周りの人々と関係してきて、原作と同じく命を落とすことになるとしたらどういう流れなのか……

 

・羽生秀太郎の殺され方

→耳から毒をいれて…とはならない気がするので。
事故死にみせかけたりするのか?それともホルモン屋であることを利用した方法になるのか?

 

・劇中劇のシーン
ハムレットがクローディアスにカマをかけたシーンでもあるわけですが、昭和の日本でホルモン屋が劇団を呼んで芝居をさせるとはならないような。他の方法でカマをかけるとしたらどんな方法になるのか。

 

・蛍原康がヤクザの理由
→なぜヤクザなのかも気になりますが、「ハムレット」を読んで気になっていたフォーティンブラスだけ無傷だなあと思ったことを当てはめると蛍原康も最終的に無傷で終わるのでは…?

 

 

 

 

個人的メモ終了!観劇後もぜったい感想や考察を書きたいぞ!!
ハブレン楽しみだー!!!